xenetTV’s diary

ゼネット代表岩佐の話を聞きたい、話したいという場の情報を発信しています。

65歳からの起業。

先日、60代前半のご夫婦の「起業」をサポートすることになった。
起業というより、定年後の「自己実現」に近いかな。
1階はギャラリーと茶室。2階はご自宅。
終の棲家とあわせて、1階で収益を上げる企画だ。
年金プラスαでセカンドステージを悠々自適に暮らす。

#65歳からの起業

 

■私岩佐のFacebookページ
で、軽く紹介しています。

 

さて、家業(指定学生服など販売)をサポートするようになって1年ほどが経つ。
さほど儲からないし、おまけに少子化がもろに影響する業種。
「継ぐ」のは、私も兄弟も及び腰だった。
とはいえ、地域独占の組合販売。
一定の売上は見込めるので、名義を長男である私にして
遠方(車で1時間~1時間半)からサポートすることにした。

キッカケは母親が神経痛で戦力外がになったり、
父親の入院が重なったり・・・
まあ、いろいろあったが、敏腕パートさんが入社したことで
地域の子供達には迷惑をかけない体制にはなったなかと思う。

父親85歳。母親82歳。
父親は退院後もまだまだ元気で
「仕事があるだけありがたい」とお店に出勤し
パソコンを使って、経理や在庫管理、
そして、パートさんへのスキルの伝承(写真添付)を続けている。
自分の父親ながらそのモチベーションはすごいなと頭が下がる。
暗算なんて私よりはるかに速い・・・。

母親は神経痛などでよちよち歩き。
同時に仕事が戦力外になり一気に老けた。
軽く痴呆の感じも出てきて(本人は違うというが。。。)
何につけてもモチベーションが一気に下がったように思う。
一日中ぼーーとしているのは本人も苦痛らしい。

44年前に母親中心(父は当時サラリーマン)で
お店を立上げ、自分の父(私の祖父)から受け継いだ
商売センスで、お店を駄菓子屋からスタートし
クリーニング店を併設し、今の学生服販売へと「変化」させ守り続けてきた
あのパワフルな母親は何処へ・・・寂

 

では、話を「65歳からの起業」に戻そう。

 

①定年後の起業に大事なのは
まず「健康」。当たり前ですよね。
健康でないとモチベーションが確実に下がる。
身体は大事な経営資源だ。母親を見ているとホントに思う。

 

②そして「行く商売」より「来てもらう商売」のほうがいい。
お客様が来店していただく商売だ。年を取ると
移動するのが、とてもいろいろ面倒になる。
もちろん、得意な方はネット販売もいいだろう。

 

③できれば自宅兼お店(仕事場)スタイルがベスト。
できる限り、移動距離をおさえたいのと
なにより事務所家賃などの「ランニングコスト」を下げたい。

 

④「年金だけは足りないから起業」はNG。
年金で最低限の生活ができる状態でこそ
自己実現」を達成できる起業だ。
年金だけでは生活できない・・・という人は
パートタイムの選択がベストだろう。

 

まだまだ書きたいことはあるが、
「65歳からの起業」は、若い人にはない人脈や経験がある。
一定の条件がそろえば、「やる」ほうがいい。
長生きすると思うし、活きるモチベーションが保てる、と思う。

「実家が古民家。リノベーションして商売をしたい」
という方は古民家plusへご相談を。

f:id:xenetTV:20220321142530j:plain

いわさ商店

f:id:xenetTV:20220321142613j:plain

いわさ商店 スキル(刺しゅう)の伝承

 

古民家再生プロジェクト「古民家plus」

古民家を再生するには
「動機」が必要です。
空家になっているということは
本来、「貴殿には」必要ない、
ということ。

しかし必要としている方々がいます。

小さい事業を営む
起業家です。
すでにFacebookグループには
古民家好きな起業家らが
2022年1月15日現在
760名超参加登録されています。

この「古民家再生プロジェクト」は
古民家のブランドを活かして
起業家の支援をする、というものです。
その古民家を起点に
起業家の熱い思いと行動力で
地域貢献できるプロジェクトです。

せっかく先祖が残してくれた
貴重な資源である「古民家」。

古民家オーナーが
「売りたくない」
「壊したくない」
「他人の住居にはしたくない」
けど
「活かしたい」
という「動機」にピッタリです。

YouTubeでもアップしていますので、

ご覧ください。

www.youtube.com


Facebookでアカウントを
お持ちの方はこちらから参加をしてみてください。

f:id:xenetTV:20220116133241j:plain

北名古屋「つながりの杜」

 

相談カフェ㏌つながりの杜

随分前ですが、
駆け出しの私には衝撃的な起業相談がありました。
「この空き店舗で何かできませんか?」というお題です。
お父さんから譲り受けた空き店舗を使って
何か自分で商売がしたいというご相談です。
というのも・・・
それまで自分には「これをやりたい。どうするか」という相談や「これをやっている。どうすれば売上アップできるか」
という「How」の相談がほとんとで、
「What(何を)」の起業相談は、初めてだったからです。
よく考えれば、
店舗型フランチャイズはその為にあるようなもので
ノウハウもすぐに買えますので非常に便利です。
「その地域に必要なものを提供」
すれば、(おそらく)成功します。
逆を言えば「必要ない」ものは
どんな優秀なフランチャイズでもうまくいきません。
地域によって「差」があるのです。
当たり前ですね。
その地域を
見極める方法としてのひとつの指標が
「所得層」です。
その地域にどのくらいの所得の方が
住んでいるのか?それに合う事業なのか、
まずは見極める必要があります。
(あくまでもひとつの指標)
ちなみに、以下は名古屋市全16区の
年収700万円以上の世帯数比率です。
天白区25%
昭和区25%
瑞穂区24%
千種区24%
名東区24%
東区23%
緑区22%
熱田区19%
守山区16%
西区16%
中区16%
南区14%
北区13%
中村区12%
中川区12%
港区11%
港区で店舗をやるのに
単価の高いイタリアン料理店はどうなの?
ってことです。
とてもシンプルな話ですが、
「地域を知る」上では「所得層」は大事な指標です。
そんな感じ。
PS・・・
もちろん、今でも「How」の相談が多いですが、
空家・空室が増えているので
「What」の新規事業・起業相談も増えました。
古民家シェアスペース「つながりの杜」で
「相談カフェ」をやります。毎月1回だけですが、
起業のこと、古民家再生のこと、お話しましょう!
 
 

f:id:xenetTV:20220115161254j:plain

相談カフェ㏌つながりの杜
 

築100年の古民家をレンタルスペースに。

f:id:xenetTV:20211002115530j:plain

つながりの杜 外観

f:id:xenetTV:20211002115558j:plain

つながりの杜 内観

f:id:xenetTV:20211002115624j:plain

つながりの杜オーナーとリノベーションメンバーplus岩佐

古民家plus北名古屋「つながりの杜」

築100年の古民家を
レンタルスペースにする、という企画。

構想から約1年半。
ひとつの区切りとして記念撮影。
ほぼリノベーション工事が完成しました!
(まだ一部残っているけど)

オーナーのKさんを中央に
今回、リノベーション工事の起点となった
デザイナーの青嶋さん
現場監督のMさん。
共にリノベガールならではのキメ細かい仕事ぶりで
とても素敵な空間を創ってくれました。

ギャラリー空の社長と
他のメンバー、それと大工さんも駆けつけてくれ
笑顔でパチリ。

さあ、これからが「つながりの杜」のスタート。
次の100年が始まります。

10月には続々と
各レンタルスペースの入居が始まり
命が吹き込まれていきます。

構想スタート時から
レンタルスペース入居者募集の経緯や
リノベ工事の進捗などを
「古民家plusプロジェクト」FBグループ
公開しています。
ご興味のある方は
参加をクリックしてください。

PS・・・

この「つながりの杜」スペースBにて

古民家plusレンタルギャラリーをオープンします。

8畳ほどの小さなお部屋で

期間限定のお店や各種セミナーやと相談会などが

開催できるスペースです。

月一会員と週一会員で募集します。

(すぐに募集締め切りする場合もありますので、

ご興味ある方は私岩佐までご連絡ください)

古民家所有者や投資家向けに

各種相談会も定期的に実施します。

 

きかちゃんを救う会

f:id:xenetTV:20210717102413j:plain

きかちゃんを救う会
「きかちゃんを救う会
心臓移植に必要な3億5千万を集めるよー!
息子が4歳の頃、
私の目の前で突然けいれんを起こしました。
焦って、110番に連絡しました(苦笑)。
「お父さん、落ち着いて、119番に連絡してください」
と言われ、我に返り?119番に・・・。
すぐに駆け付けてくれた救急車の隊員さんに
「お父さん、大丈夫ですよ。」と声掛けされ、
その隊員さんが神様に見えました。
熱性けいれん・・・
聞くと子供にはよくあることらしいのですが
それから数年は息子が熱を出すと、
「痙攣止めの薬」を枕元に置き
いつも妻と冷や冷やどきどきしていました。
幸いその後は大きな病気もなく、
今では元気に高校に通っています。
■さて、本題に入ります。
きかちゃん本人も当然ですが
きかちゃんのご両親のことを思うと・・・
この情報を皆さんにお伝えしたい
という願望が抑えられません。
ご両親は、ブログを拝見すると、
交代で病院に泊まられているようで、
まったく寝れない日々が続いているのでしょう。
それが何年も続いているんなんて、
本当につらい・・・。
朝起きて、
きかちゃんの笑顔を見て、
ホッとし、
また夜寝るときは緊張し、
また朝起きてホッとする
その繰り返しなのかもしれません。
頑張って、なんて軽々しく言えませんが、
それでも頑張ってほしいものです。
きかちゃんの心臓移植をするために
3億5千万円を集める活動です。
銀行振込やクレジットカードで簡単に寄付できます。
ぜひ、ご協力をお願いいたします。
あ、信頼できる友人の仲間のお子さんなので、
詐欺などでは決してありませんので、ご心配なく。
フォロー、いいね、ハッシュタグ、シェアでも応援受付中!
@think_about_kika

古民家plusプロジェクト「つながりの杜(もり)」オーナーの想い

起業支援ネット代表久野さんが
書き起こしていただいた(感謝!)
「つながりの杜(もり)」オーナー兼松さんの
インタビュー記事です。
長文で読み応えあり!必見です。
 

f:id:xenetTV:20210125223527j:plain

つながり杜オーナー兼松さん

f:id:xenetTV:20210125223544j:plain

起業支援ネット代表久野さん

 
古民家plus北名古屋「つながりの杜」
~新しい物語が生まれる場所へ~
 
全国には約156万戸の古民家があるという(古民家びとレポート:「総務省 平成25年住宅・土地統計調査」からみる古民家の現状についてより)。中には新たな住人が見つかったり、旅館や店舗などの商業施設や観光施設として活用されているものもあるが、その多くが維持の問題にぶつかり、放置され、また解体・廃棄されていくのが現状だ。
 
そんな中、2021年、名古屋からほど近い北名古屋市の住宅街の一角に、古民家を改装した小さな商業施設がオープンするという。その名も「古民家plus北名古屋“つながりの杜(もり)”」。
 
建物のよさはそのまま活かしてリノベーションを行い、母屋を「カフェ(セミナー・ギャラリーとしても利用可能)」と「小規模な事務所または店舗」として、離れは健康や美容に関する事業所の店舗として活用していく予定であり、現在入居者を募集している。
 
「古民家plus北名古屋“つながりの杜(もり)”」がどんな経緯で、またどんな思いで開設されることになったのか。オーナーの兼松稔さんに伺った。
 
◆なんとかこの場所を活かしたいという想い
取材に先立ち、古民家を見学させていただいた。立派な縁側から見える美しい庭。急な階段を上った屋根裏にある立派な梁(はり)。床の軋み(きしみ)も100年という年月の重みを感じさせる。
 
この家で生まれ育ったというオーナーの兼松さん。15年ほど前に、両親を相次いで見送り、それからというもの、この家を見るたびに、この家屋をこれからどうしたらいいのだろうかと考え続けてきたという。
 
「せっかく親が残してくれたもの。うまく次の時代に引き継いでいけないだろうか、活かせないだろうか、とずっと考えていたんです」。
 
家屋の状況を専門家に見てもらったところ、手を入れれば十分に使っていけることはわかった。誰かに貸して使ってもらおうか。ただ、貸すといってもどうやって…?